副作用はあまりなく個人差がある

Pocket

EDは、1日も早く治療したいと願うのは男性としては当たり前の心理です。そんなときにこそ、いっても、治療薬ですがところが、気になるのは副作用でしょう。

どんなED治療薬にも副作用がある

EDの治療では、ED治療薬を飲んでおき、セックスをできるようにしていきます。そして、回数を増やしていきながら徐々に薬の量を減らしていき、そして薬を抜いてもセックスをできるようにしていきます。

薬を服用をしていくうえでは、どんなED治療薬でも副作用はあります。ED治療薬の代表でもあるバイアグラでも、顔の紅潮や目の充血、頭痛や胃痛などもさまざまな症状が起こります。

そんな副作用は他のED治療薬でも起こり得るのです。それは、シラグラというED治療薬でもおきることもあります。この薬の場合には、勃起させるための成分としては、バイアグラと同じ成分も含んでいます。バイアグラのジェネリック版とも言われていますので、同じような副作用も起きやすいのです。

しかし、副作用が起きるのも個人差はあります。その程度も必ず一律ではありません。けっこう人によっては強く出ることもあればあまりでないなんてこともあります。本来は病院やクリニックでその治療をしながら、様子を見て、ED治療薬を決めたり、変更していき、徐々に定着していくのです。シラグラの場合、使ってみたら副作用があまりでなかった、出たかそんなに、体への負担も少なかったという声もよく聞かれます。

ジェネリックということや製法の違いや体質などが影響しているのかもしれません。

また、服用するときの量も影響していることもあります。というのも、薬も100mgもあれば、50mg、25mgとあります。その飲む量も多いと、やはり体に影響することもあります。

普段は飲むときには、まずは50mgで飲んで様子を見ながら、量を調整しましょう。それによりさらに副作用が出にくくなるでしょう。もし、100mgの場合にはカッターなどで半分にして飲むといいでしょう。半分にした残りは早めに飲むようにしましょう。

やはり薬を飲んでおくと副作用や体への影響も心配してしまいます。本来は病院やクリニックでしょうが、個人輸入の場合には、様子をみながらゆっくり治療するんだと言う気持ちで飲み続けることが大切でしょう。

Pocket